Back to Top

2018年 06月 21日 AduroStar

★★★★★

硬水と軟水の美容効果

体を構成する重要な水、その水には「軟水」と「硬水」がありますよね

味や飲みやすさも違うけど、美容や健康にはどっちがいいの!?
そんなわけで今回は水に焦点を当て、「軟水と硬水」の違いや効果などを見ていきましょう。


硬水と軟水の定義

私たちが普段飲んでいるお水は、その硬度によって「軟水」と「硬水」に分類されています。
軟水と硬水を分ける指標を「硬度」といいますが、これは水に含まれるカルシウムとマグネシウムの量を数値化したものです。軟水・硬水の基準は国や地域によって異なり、日本の基準とWHOの基準でも差があります。
日本の基準は、「アメリカ硬度」を採用しています。


●軟水
硬度が低い
100mg/リットル
味:まろやか
日本の水はほぼ全て軟水です

肌に優しく料理にも使いやすいのが特徴です。

●硬水
硬度が高い
100mg以上/リットル
味:しっかり
ヨーロッパの水に多い

欧米のような肉料理では不足しがちなミネラルを豊富に含んでいるため、ミネラル補給におすすめです。

ミネラルウォーターを色々飲んでみると、種類によって味が異なるのもこの分類によるものです。
ミネラルウォーターは硬度の違いによって、「軟水」と「硬水」に分かれています。
硬度とは水に含まれるカルシウムとマグネシウムの量のことで、低い水を「軟水」、硬度が高い水を「硬水」といいます。
この硬度の違いによって、軟水と硬水では美容的効果も違ってきます。

日本の水のほとんどは軟水

日本の水はほとんどが軟水です。その理由は日本の地形にあります。
日本の地層はミネラルの少ない火成岩が中心です。また、険しい山脈が多く川の傾斜も急勾配で、源流から海までの距離が外国に比べて短くなっています。そのため、雨水が地面に浸透する間にあまりミネラルを吸収することが少なく、川や海に流れ出ていきます。

軟水の特徴

ミネラルが多すぎない軟水は、胃腸が未発達な赤ちゃんや胃腸機能が弱っている人にも安心して与えられるお水です。さらに硬水と比べて刺激も少ないので、洗髪や洗濯にも最適です。日本の水道水は硬度50前後のところが多いので、さまざまな用途に役立ちます。

1.肌に優しい
乾燥肌や肌トラブルの悩みには軟水を使用した洗顔や洗髪がおすすめです。例えば、海外でシャンプーをしたら髪がキシキシ・ゴワゴワになってしまったという経験はありませんか。これは硬水に含まれるミネラルが原因です。海水浴のあとに髪がバサバサになってしまうのも、海水に含まれるミネラルが影響しています。また、ミネラルは肌への刺激となり、肌荒れを招くこともあります。
シャンプーやスキンケアには、肌へ浸透しやすく刺激の少ない軟水を選びましょう。

2.赤ちゃんや子どもが飲んでも安心
軟水は内臓への負担が少ないことも特徴です。赤ちゃんや子どもにミネラルウォーターを与える場合は軟水を選びましょう。特に外国製のミネラルウォーターは硬度の高いものが多いため、必ず確認してください。なお、市販のミルクは水道水(軟水)で作ることを前提に成分が調整されている製品もあります。

3.洗剤の泡立ちがいい
軟水は洗剤の泡立ちも良いため、洗濯に適しています。硬水に含まれるミネラルは、せっけんの成分と結合して洗浄力のない「せっけんカス」を作り出す性質があり、洗剤の洗浄力を妨げるだけでなく、衣服を汚してしまうこともあります。そのため、ドイツなど生活用水に硬水を用いる地域では、薬剤で水を軟水化して洗濯を行う家庭もあるほどです。


硬水の特徴

硬水はカルシウムやマグネシウムを豊富に含む点が特徴です。しかし、硬度の高い水を飲み続けると下痢を起こす可能性があるので注意しましょう。

1.ミネラルが豊富
カルシウムやマグネシウムが豊富な硬水はミネラルの補給に最適です。ミネラルが不足しがちな日本人にとって、最も手軽にミネラルを補給できる方法ともいえます。ただし、硬水は口当たりが軟水のようなまろやかではなく、慣れないうちはほのかな苦味や独特の風味を感じる場合もあります。

2.胃腸に負担をかけることがある
硬水に含まれるマグネシウムは市販の下剤にも使用されている成分です。そのため、過度の飲用は胃腸に負担をかけてしまいます。特に日本人は日頃から軟水に親しんでいるため、いきなり硬度の高いミネラルウォーターを飲むとお腹を下す可能性があります。初めて硬水を飲む場合は硬度が高すぎないものを選び、徐々に慣れていきましょう。


美容効果について

美肌におススメなのは、軟水です。
なぜなら、軟水のミネラルバランスは人体のミネラルバランスに近いと言われています。
そのため体内への吸収が良く、飲むだけでなくシャンプーや洗顔にも軟水がおススメです。
日本人の肌や髪がキレイだといわれるのには、日本の水が軟水だからだ、とも言われています。

また、美肌に良いとされる軟水の飲み方は、こまめに飲むこと。
軟水は身体に吸収されやすく、吸収されたミネラルが血液やリンパ液を通じて全身に栄養を運びます。

ダイエットにおススメなのは、硬水です。
ミネラルは、私たちの身体に必要不可欠な存在で、身体の機能を維持したり調節する役割があります。
つまり、ミネラルバランスが良いと身体の機能が滞りなく働き、代謝の良い太りにくい身体が作られるということです。
また硬水に多く含まれるマグネシウムには便を柔らかくする働きがあるので、便秘を解消する効果も!

便秘にお困りの方は、朝起きてすぐに硬水をコップ1杯飲むようにしましょう。
腸の働きが良くなるので、便秘が解消されます。
また、最近食べ過ぎてるな~と感じている方は、食前に1杯の硬水を飲み、そして食事中も意識して飲むようにするのが良いです。


最後に

「軟水」と「硬水」にはそれぞれ違った魅力の効果がありますので、その時々で使い分けてもいいかもしれません!
そしてお肌のために取り入れて欲しいのが、AduroLEDマスクです。
LED光の効果を利用して肌を改善します。肌の細胞までLED光が届き、
肌を活性化してくれます。紫外線対策と並行して肌の細胞まで美顔ケアしましょう。
是非、AduroLEDマスク7+1をホームケアとして取り入れてみませんか?



 

 


35,800円

・7色のLED光+赤外線

・1台で11役

・特許取得のマスクだから効果が奥深くまで届く

・臨床検査済

・副作用なし、科学薬品不使用

1週間に1~5回

LED数 66個

1回に20分

1回に17円 (※8年間、週5回利用した場合)


25,800円

コラーゲンやエラスチンの生成を促進。

小じわ・くすみ・しみ等お肌の年齢サインが気になる方へ。


25,800円

ニキビの原因となる菌と戦い撃退。

ニキビやニキビ跡に悩むすべての方へ。

 

 

年齢と共に襲い来る「肌の悩み」から逃れて、より輝くあなたへ。

 

Aduro 7+1が信頼できる商品だということが、ご理解いただけたと思います。

 

もし、あなたの肌に自信が取り戻せたら……

ファンデーションの伸びもよく、お化粧したりおしゃれするのが楽しくなります。人に会う時にも自信を持って堂々とできるでしょう。

 

誰かと会話をする時、「ニキビができてるな」「不摂生してるのかな」なんて心配や不安にならず、思いっきり会話を楽しめます。

 

家族や友人、会社の人たちには「化粧品変えたの?」「どこのエステに行ってるの?」 「若くなったんじゃない?」なんて嬉しい言葉をかけられることも。

 

今までいろいろ試したけれど、肌の悩みがなくならないし。

しわやたるみは年齢によるものだから仕方ない。

ニキビができる肌質はもう変わらない。

 

そんな風にあきらめる必要は全くありません。

 

Aduro 7+1は光の色によって、あなたの肌の悩みを解消してくれます。

性別、年齢、遺伝などは一切関係なく効果を得られる物です。

安全性・効果・コストパフォーマンスは他商品やサービスの比ではありません。

 

Aduro 7+1なら、肌の悩みからあなたを解放できるのです。

 

ぜひ手にとってその威力を実感してください。

そして肌悩みのない毎日、心軽やかで笑顔こぼれる日々を過ごしましょう!

 


35,800円

・7色のLED光+赤外線

・1台で11役

・特許取得のマスクだから効果が奥深くまで届く

・臨床検査済

・副作用なし、科学薬品不使用

1週間に1~5回

LED数 66個

1回に20分

1回に17円 (※8年間、週5回利用した場合)


25,800円

コラーゲンやエラスチンの生成を促進。

小じわ・くすみ・しみ等お肌の年齢サインが気になる方へ。


25,800円

ニキビの原因となる菌と戦い撃退。

ニキビやニキビ跡に悩むすべての方へ。